中古住宅をリフォーム・リノベーションして理想の住まいに|新潟市北区の不動産情報は、ゆい工房にご相談ください

  1. HOME
  2. 中古住宅リフォーム
  3. 中古住宅をリフォーム・リノベーションして理想の住まいに

中古住宅をリフォーム・リノベーションして理想の住まいに

リノベーション住宅

中古住宅を購入してリフォームする人が、最近とても増えています。
新築物件と中古物件の価格を比較した場合、同様の立地や広さならば、中古物件の方が一般的には低価格になります。
さらに中古物件の場合、実際に建物を確認できるので、建物まわりの状況や景色などそこで暮らすイメージがつかみやすいのも魅力。
その物件を自分に合わせてリノベーションすれば、新築では実現できなかった低価格で理想の住まいを手に入れることができます。

リノベーション済み中古住宅との違い

中古住宅とリフォーム済み中古住宅

リノベーション済み物件とは、不動産会社などが中古住宅を買い取って、リフォームしてから販売している物件のことです。
築年数が古いのに内装や水まわりがきれいにピカピカの状態で販売している物件を見たことがありませんか?それがリノベーション済み中古物件です。
対して、未リフォームの中古住宅は前の持ち主が暮らしていたときのままで基本的になんの手入れもしていないので、傷んだ箇所や汚れがそのままになっています。

中古住宅
リフォーム済み 買ってからリフォーム
みため きれい きれいではない
金額 物件+かかったリフォーム費用の合計 物件のみ
(別途リノベーション費用)
内装 選べない 選べる
設備 選べない 選べる
間取り 変更不可 物件と予算によって可能

中古住宅を買ってリノベーションするメリットとデメリット

すでにリフォーム済みの物件を購入するのがいいか、それとも買ってからリフォームしたほうがいいのでしょうか?
どう違うのでしょうか。どちらもメリットとデメリットがあります。
ぜひしっかり理解して選択の幅を広げ、理想の新居を手に入れてください。

中古住宅をリノベーションするメリット

理想的な住まい
自分の好みに合わせたリフォームができる

リフォーム済み中古住宅はすでに内装の改修や水まわり設備入れ替えが済んでおり、その費用が上乗せされた金額で売られています。
それを、購入後に自分で選んだ壁紙に変えたいとか、こだわりのキッチンにしたいとなれば、二重にリフォーム費用がかかることになってしまいます。
それなら未リフォーム物件を買って自分好みにリフォームしたほうがお得ですよね。

リフォーム前の状況をしっかりと確認できる

リフォーム済み中古住宅を買って一年も経たないうちに雨漏れがした、という事例もあるので、現状の確認は必須です。
しかし、すでにリフォームが済んでいる物件はきれいではありますが、どこがどうなっていたのかほとんど分かりません。
未リフォームの物件はどこにどんな問題があるかしっかり確認し、リスクを認識してから判断することができます。
リフォーム済み、済でない、どちらにしても中古物件を購入する場合は「ホームインスペクション」(住宅の設計・施工に詳しい専門家が、住宅の劣化状況、欠陥の有無などを診断する)を利用すると安心です。 費用はかかりますが、後々の予想外のトラブルを防ぐことができます。

費用が比較的低く済む

中古住宅は新築より低い金額で取得することができます。
また、売主側からすれば、建物を撤去して更地にすると解体費がかかるし固定資産税も上がります。解体費を掛けても売れる保証がないなら、安くてもそのまま売りたいと考えます。
ですからほとんど土地代くらいで購入できる物件も存在します。ただ、もちろん人気エリアや築浅の物件は人気で価格が高い傾向があります。

補助金や税制面で優遇される

つづく人口減で、日本では空き家が増えています。そしてぼろぼろになった空き家を最終的に処理するのは自治体や国のお金で、ということになります。
それは国にとっては良くないことですから、できるだけ空き家を増やさないように、中古住宅を取得する人に対して様々な優遇をしています。

優遇制度 内容
次世代住宅ポイント※ 中古住宅を購入してリフォームする場合、30万~60万ポイント付与(既存住宅の購入/安心R住宅の購入)
新潟市空き家活用リフォーム推進事業 空き家において実施するリフォーム工事に係る経費の1/2まで補助。補助金額の上限は条件によって50~60万円。(住み替え活用タイプ)

※実施期間=2020年3月までに契約、着工

他にも、省エネ、耐震、防犯、バリアフリーを目的としたリフォームをした場合、所得税の減税が受けられます。
また、物件の取得とリフォームを合わせて行うことで、金利の安い「住宅ローン」の利用が可能になります。
(「リフォームローン」は住宅ローンより金利が高い場合が多いです。)

物件の選択肢が増える

例えば建売物件や中古物件を見たときに、「場所はいいんだけど部屋数が足りないなあ~」など感じたことはありませんか?
中古住宅を取得してリノベーションする場合、間取の変更も可能なので、物件の選択肢が増えます。
もちろん建売物件を購入してリフォームすることもできるでしょうが、それでは大変割高になってしまいます。

中古住宅をリノベーションするデメリット

リノベーションが面倒
建物の耐久性に不安がある場合がある

特に1981年6月に行われた見直しを始め住宅の耐震基準は年々厳しくなっています。
古い建物は現在の基準に達していないものがあるだけでなく、単純に経年劣化によって耐震性が落ちている恐れがあります。
反面、基準より高いレベルで建てられているものもあり、中古住宅は玉石混交であることを認識しておかなくてはなりません。
「ホームインスペクション」(住宅の設計・施工に詳しい専門家が、住宅の劣化状況、欠陥の有無などを診断する)を利用すると、最長5年までの保証が受けられる「既存住宅売買かし保険」に加入できるなど、安心です。

入居までに時間がかかる

物件を購入してからリノベーションにかかりますので、建売やリフォーム済み中古物件のように即入居することができません。
プランづくりや打ち合わせに十分時間を割けない場合は、いつまで経ってもリノベーションが終わらず入居できない状態が続いてしまいます。
そうなるとローンと家賃の二重払いが発生してしまいますので、いつまでにどんな家に入居したいかしっかり目的意識をもって自発的に考えていく必要があります。

前に住んでいた人の痕跡がわかってしまう

これはメリットの部分でもあるのですが、内装の修繕を何もしていないため、前に住んでいた人の生活感が濃く残っています。
それを見るのがあまり気分が良くないという人も。これはもう生理的な部分の問題ですので、嫌な場合は他の選択をしましょう。

場合によっては費用が高くなる

主要構造部に大きな問題があるなど、物件の状態が悪い場合はリノベーション費用が高くついてしまいます。
傷みの程度は?修繕にどれくらいかかりそう?など、どんなに気に入った物件でも事前に確認が必要です。
また、設備や建材を豪華仕様にすれば、やはりリノベーション費用は上がってしまいます。
こだわりたいところの優先順位を決めて、お金をかけるところとかけないところにメリハリを付けると予算が上がりすぎるのを防げます。

中古住宅を買ってリノベーションに向かない人

リノベーション中の家

デメリットから考えると、こんな方には中古を買ってリノベーションはおすすめできません。

建物の強度、耐震面で不安

こうした面はやはり中古住宅より新築住宅が優れていますので、インスペクションしても不安で後悔しそうな方は中古住宅は向きません。

人が使ったものは生理的に無理

水まわりや内装をすっかり替えてしまっても気になるようなら、中古住宅はおすすめできません。

色々考えるのは面倒

リノベーションするならどうしても、計画して、選んで、決めて、という手間がかかります。
「家族の暮らしにあった家を作ろう」と思わず、「家に合わせて住めばいい」と考える方には、すぐに入居できるリフォーム済み中古住宅や建売住宅が向いています。

中古を買ってリノベーションはこんな人におすすめ

子供と犬

新築にこだわらない、こんな方には選択肢の一つとして検討する価値があると思いませんか?

内装や設備にこだわりたい

リフォーム済み中古住宅では、施工がしやすい無地の壁紙など一般的で無難なものが施工されていることが多いです。
キッチンやお風呂などの住宅設備に関しても、総額が上がってしまうのを防ぐために無難で価格が低めのものが取り付けられています。
中古物件をリノベーションするなら、憧れのキッチンや個性的な内装など思い切り自分好みにできます。(もちろん、予算と相談しながらですが。)

家以外にお金をかけたい

住まいにお金をかけて、生活がままならないのでは本末転倒。
趣味にお金をかけたい、子供の教育費にお金をかけたい、だから住まいにはあまりお金をかけたくないという場合には中古住宅という選択肢があります。

立地にこだわりがある

学校の近くで、便利で、整形地で、という人気エリアの土地はみんな欲しがっていますので、それなりの価格になります。
そうした人気エリアに新築すると予算的に厳しい場合でも、中古住宅を買ってリノベーションなら予算内で実現できる可能性が出てきます。

中古住宅を購入してリノベーションするときに注意すること

古い中古住宅

比較的低価格で、自分好みにリノベーションできるのが大きな魅力ですが、既存の建物を100%どうにでもできるわけではありません。
例えば、構造上取り除くことができない柱があったり、配管の都合で水まわりの位置が動かせなかったりする可能性も。
やりたいリノベーションが決まっている場合は、それが可能かどうかをリフォーム業者と一緒に物件を見て確認すると良いでしょう。

中古住宅をリフォームするならゆい工房

ゆい工房は新潟市北区で70年

ゆい工房は創業して70年、「住まいのナガイ」「テクノナガイ」の頃から地元北区でお世話になってきました。
不動産部門のほか、リフォーム、修理、新築を手掛ける部門があります。新潟市北区周辺の物件探し、施工、修理はおまかせ下さい。

ゆい工房のリノベーション事例

使いやすい対面キッチンにリノベーション

建築士、施工管理技士、インスペクター、外壁診断士など有資格者が在籍。トイレ、洗面台などの小さな工事から二世帯同居などの大規模改修まで年間150件以上のリフォーム工事を行っています。

リノベーション後のメンテナンスもおまかせ

修理部門は、案件の種類や大小に関わらず、ご近隣の皆様の困りごとならば何でも解消したいという思いで活動しています。
おかげさまで年間3,000件以上の修理実績があり、小さなことでもすぐ来てくれると好評です。

リノベーション後もメンテナンス

株式会社ゆい工房

〒950-3325
新潟県新潟市北区白新町2-2-15

0120-800-3062

営業時間 8:30~17:30
定休日 年中無休(盆正月除く)

  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • お問い合せ

新潟市北区の不動産売買はゆい工房の不動産情報サービスにおまかせ下さい!


中古住宅や中古マンションなどの中古売買物件や土地物件探しまで新潟市の不動産物件探しを
お手伝いいたします。


ゆい工房の不動産ホームページでは、中古住宅、中古マンション、土地などの物件種目別や、不動産物件を探す新潟市のエリア別、資金計画に合せた物件価格別、部屋数など考えた間取り別、お子さまがいらっしゃるお客様の場合は小学校や中学校などの学校区別で物件の検索をすることができます。


その他にも希望条件やお悩みなどがあれば、直接ご相談ください。
新潟市の不動産物件の購入だけではなく新築や中古物件のリフォーム、リノベーションも一緒にご相談ください。
また所有している不動産物件のご売却や任意売却など、皆様の大切な財産の売却に関するご相談も承ります。
売却をお考えの不動産物件の査定も無料で行います。

ゆい工房はお客さまの不動産売買を全力でサポートいたします!

現在の登録物件数

52

123

23

2020/01/25 更新

会員公開物件を見たい方は無料会員にご登録ください。

無料会員登録

会員登録がお済みの方

ログインID

パスワード

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

▲このページの先頭へ